• ローンの支払いに困った場合に利用できる任意売却とは

    住宅ローンを組んで住宅を購入したもののローンの支払いができず住宅を手放さなければならない状況になった場合誰しも少しでも高額で住宅を売却しローン残額を減らしたいと思うのは当然です。

    しかし方法を知っているのと知らないのでは売却額が大きく変わってくるのです。


    より高額に売却できる方法の一つが任意売却という売却方法です。反対に一般的に一番売却額が低いのが競売にかけられて売却される方法です。

    任意売却情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

    ローンの支払いも滞り督促状が来ても無視し続けて何もしなければ最終的に取られる手段が競売です。



    そうならないためにも出来たらローンの支払いが滞る前に、最悪ローンの支払いが滞ったタイミングでも督促状が来たタイミングでもいいので極力早くローンを借り入れている金融機関に相談することです。
    金融機関との相談の中で任意売却が選択肢の一つになります。

    そういった状況になれば任意売却自体は誰でもできるものですが、専門家が付いているのといないのでは売却金額に違いが出てくることもあります。また、任意売却の知識を持ったうえで不動産を売買できる専門家とともに話し合いを進めたほうがより有利な状態で住宅を売却することも可能です。

    任意売却の最大の特徴は売却後のお金のうちの一部を引っ越し資金に充てたり、サポートしてもらった専門家への支払いに充てたり、そのままその家に賃貸物件として住み続ける事も場合によっては可能です。



    専門家がいることで依頼者の新しい生活や要望を考慮した交渉を金融機関と行うことが出来ます。このようにローンが支払えなくなったらすぐその家を追い出されるというわけではないのでまずは一人で悩まずに周りに相談してみることが大切です。