• 任意売却で大切なこととは

    任意売却とは、住宅ローンの返済が滞った時に行う自宅処分の方法です。

    一般の売却と異なるのは、ローンの残債が残っても抵当権を外してもらえることです。通常はローンの残債は全て払わなければ、所有権の移転はできません。
    任意売却の場合にも、債権者に相談することなく勝手に売却しようとすると、やはり所有権の移転はできなくなります。

    そこで必ず任意売却を行う旨を伝えて、仲介をする業者を選ぶことが必要になります。
    どの業者でも良いというわけではなく、必ず債権者が認めるところでなければいけません。

    任意売却の有益な情報をお届けします。

    その点を注意することが必要です。
    また任意売却は決して高値で売却しようと思わないことも大事です。



    下手をすれば競売によって、安い金額で処分される可能性もあります。


    それを避けるための手段なので、決して欲張ることがないようにする必要があります。また業者を選ぶ際には、単に住宅を処分するだけではなく、生活の再建をすることを目的とするところを探すことが大切です。


    場合によっては、残った残債を圧縮してもらうように債権者に交渉してもらえる業者もあります。

    また競売が決定してからでも、任意売却が行えるケースもあります。


    基本的にはローンを滞納したら、早めに検討することが大事です。競売までの期間に余裕があれば、買い手を探すのも楽になるからです。



    けれども何かしらの事情により期間が過ぎて競売の決定通知書が届いたとしても、諦めずに業者を探すことも必要です。